防犯砂利を敷き詰めておくだけで泥棒を退治できる

作業員

簡単な防犯方法

鍵と家

防犯のポイント

一般的な家庭で防犯を行うさいのポイントとしては簡単に家の敷地内に侵入させないといった事です。このために塀やフェンスなどを作るわけですが、反対に塀やフェンスは遮蔽してしまうため侵入者が隠れやすくなるデメリットがあります。このため工夫としては防犯用の砂利を敷き詰める事がポイントです。全ての場所に砂利を敷き詰めるのではなく家の周りだけ敷き詰め、家に入るさいには必ず砂利を踏まなければならないようにすれば音がなるため侵入者は侵入を諦めます。また防犯ライトなどを併用すれば高い防犯性を得る事ができます。一方で砂利といってもいくつかの種類があり、防犯に適したものとそうでないものがあり、適切なものを選ぶ必要があります。

砂利の種類

防犯砂利の役割としては踏みつけると音が鳴るという事です。このため、通常の密度の高い石よりも多孔質な石から造られた砂利の方が音が出やすく効果があります。大きな音を出すのであれば、破砕した角の立ったものが良いですが、玉砂利のようにエクステリア性を持たせたものもあります。玉砂利のメリットとしては、見た目が良い事で、またしっかりと敷き詰める事ができるので玉砂利の方が効率的に配置する事ができます。一方で玉砂利にしても普通の防犯砂利にしても敷き詰めるさいには雑草対策が重要です。敷き詰める前に防草シートを敷いておき、草が生えてこないように工夫する必要がありますし、草が生えてきた場合には除草する必要があります。特に綺麗に敷き詰めてあると管理されていると侵入者は判断して防犯性をより高める事ができます。